GMO賃貸DXオーナーアプリの「チャット機能」がアップデートされ、より使いやすくなりました。

ニュース

NEWS

GMOインターネットグループのGMO TECH株式会社の連結会社で、不動産テック事業を推進するGMO ReTech株式会社(代表取締役社長:鈴木 明人 以下、GMO ReTech)は、不動産テックのサービスブランド「GMO賃貸DX」のもと提供する「GMO賃貸DXオーナーアプリ」(URL:https://chintaidx.com/)において、「チャット機能」のアップデートを複数実施しました。

機能アップデートについて

チャットにTo Do機能」を追加

(注)こちらはデモ画面です。

「いつまでに〇〇をする」といったタスクの切り出しをアプリのチャット内ででき、未対応・対応中・対応完了などの確認を視覚的に行えます。日付も設定できるため、抜け漏れ防止に役立ちます。

ラストアクション機能でオーナーへの返信忘れを防ぐ

(注)こちらはデモ画面です。

「ラストアクション機能」は、オーナーからの連絡でメッセージが止まっており、返信が漏れていることがひと目でわかるようにする機能です。上記画面の左上にある黒丸枠内のように「右矢印マーク」がつきます。

URLが自動でハイパーリンクに変換

「チャット」「お知らせ」「掲示板」のテキストに「http://~」「https://~」を入力した際、自動でハイパーリンクへ変換されるようにしました。

「To機能」で誰へのメッセージなのか瞬時に把握

チャット上でメッセージの相手を指名できる「To機能」が追加しました。さらにToで送られたきたメッセージに対して、Reで返信ができる仕様にもなっています。

「クローズ機能」を使って効率的にトピックを管理

チャットのトピックに対する「クローズ機能」を追加しました。これを使用するとチャットへの投稿ができなくなり、すでに使っていないトピックと現在も動いているアクティブなトピックを整理できます。また、過去に投稿したチャットは必要なときに検索し確認することが可能です。


アップデートの詳細のほか、アプリや機能について詳しく知りたい方は下記のお問い合わせ先、もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

「GMO賃貸DXオーナーアプリ」について

「GMO賃貸DXオーナーアプリ」は、不動産管理を受託する管理会社が委託元のオーナーに専用アプリをダウンロードしてもらうことで、コミュニケーションをアプリ上で一元管理することができるサービスです。

サービス名称GMO賃貸DXオーナーアプリ
提供開始日2020年12月24日(木)
価格sales@gmoretech.comまでお問い合わせください
主な機能・メッセージ機能
・月次収支報告機能
・ワークフロー機能
・電子契約機能(オプション) など
対応端末iOS・Android
公式Webサイトhttps://chintaidx.com

「GMO賃貸DX入居者アプリ」について

「GMO賃貸DX入居者アプリ」は、通常マンション・アパート内に掲示するお知らせや、設備故障時のやり取りなど、不動産管理会社と入居者との間で発生する様々なコミュニケーションをアプリ上で行えるサービスです。不動産管理を受託する管理会社が入居者に専用アプリをダウンロードしてもらうことで、コミュニケーションをオンライン上で一元管理することが可能となります。

サービス名称GMO賃貸DX入居者アプリ
提供開始日2021年1月28日(木)
価格sales@gmoretech.comまでお問い合わせください
主な機能・お知らせ掲示板機能
・メッセージ機能
・建物情報確認機能
・賃貸借契約書などの書類ファイル保存機能
・アンケート機能
・電子契約機能(オプション)
・住み替え物件案内(オプション)
・独自アプリ機能(オプション)
対応端末iOS・Android
公式Webサイトhttps://chintaidx.com/resident/

【本件に関するお問い合わせ先】
●GMO ReTech株式会社 営業部
TEL:03-6416-5500 FAX:03-5489-6371
E-mail:sales@gmoretech.com

Pocket

ReTechSummit2021