千葉大学など学生を中心にお部屋探しや生活サポートも行う株式会社桃太郎不動産に、「GMO賃貸DX オーナーアプリ」を導入いただきました。

プレスリリース

NEWS

GMO インターネットグループでインターネット上の集客サービスを展開するGMO TECH株式会社(代表取締役社長CEO:鈴木 明人 以下、GMO TECH)の連結会社で、不動産賃貸領域におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するGMO ReTech株式会社(代表取締役社長:鈴木 明人 以下、GMO ReTech)が提供する、賃貸管理会社向けDXプラットフォーム「GMO賃貸DX」の一つである「オーナーアプリ」を、千葉県千葉市に本拠を置く株式会社桃太郎不動産(以下、桃太郎不動産)に導入いただいたことをお知らせいたします。

桃太郎不動産のプレスリリースのアイキャッチ画像

サービス導入の背景

千葉県の西千葉エリアに店舗を構える桃太郎不動産は、学生を中心にお部屋探しや生活のサポートを行う不動産会社です。西千葉と言えば、駅の目の前に千葉大学 西千葉キャンパスがあり、多くの学生が生活を拠点にする場所です。そのため、桃太郎不動産でも西千葉・稲毛を中心にニーズに沿った賃貸アパートやマンションを紹介しています。

桃太郎不動産は1980年(昭和55年)の創業以来、一貫して賃貸管理に力を入れてきました。その甲斐もあり、千葉市では屈指の管理戸数を誇り、多くのオーナーから信頼されています。

これからも地域密着で、オーナーとのより深いコミュニケーションを図るためにも、オーナーアプリのような密にやり取りできるプラットフォームの導入を検討していました。そして、不動産管理会社が抱えるオーナーの管理離れや代替わりによって別の管理会社へ…という課題を未然に防ぐためにも、オーナーアプリを活用してオーナーとのコミュニケーションをスムーズにすることで、オーナーとの関係性を高めることを期待して導入に至りました。

今後も多くの不動産会社が、業務効率や企業価値を高めることができるよう、GMO ReTechは不動産管理会社向けDXプラットフォーム「GMO賃貸DX」で、業務効率化やDX化によって収益向上や管理戸数アップの実現を徹底的にサポートしてまいります。

GMO賃貸DXを選んだ理由

昨今、コロナ禍によるDX化推進やオーナー様の世代交代によって、不動産賃貸管理においてもニーズの変化を感じており、収支明細の電子化を図るとともにオーナーアプリの導入を検討していました。

そこでオーナー様にとって、どのようなサービスを利用するのがベストなのか考えたとき、「GMO賃貸DX」はチャット画面の使いやすさやデータの整理が行いやすい点が、他サービスより優れていると感じました。

また、同社の他アプリや電子決済サービスなどとの親和性についても魅力を感じ、今後増えていく様々なニーズに応えていく第一歩として最良だろうと判断して「GMO賃貸DXオーナーアプリ」を選択しました。

「GMO賃貸DXオーナーアプリ」のお気に入りの機能や使い方

  • チャット機能」の使いやすさ

オーナー様とやり取りするためのチャットに、タスクの切り出しができる「To Do機能」が備わっていたり、オーナー様からの連絡でメッセージが止まっているのがひと目で認識できる「ラストアクション機能」で返信忘れも防げます。

  • 収支明細がアプリで瞬時に把握可能

毎月の収支がどのように推移しているのかが、視認性の高いグラフによって瞬時に認識できるようにデザインされているので、オーナー様から満足いただけそうだと判断しました。また、わざわざ郵送して月次収支報告書を送る手間も省けるので、業務負担軽減にも繋がることを期待しています。

今後のビジョン

「GMO賃貸DXオーナーアプリ」を上手く活用することで、オーナー様はもちろんのこと、入居者様やお取引業者様とのコミュニケーションをこれまで以上に円滑に行える体制を作り上げることを目指します。

これにより、我々が掲げている「西千葉をファンでいっぱいにし、安心を届ける」というミッションを達成して笑顔が溢れる街にしていくべく、日々精進してまいります。

「株式会社桃太郎不動産」について

株式会社桃太郎不動産は1980年(昭和55年)6月に創業し、千葉県千葉市に拠点を構え、賃貸や売買、賃貸管理、住宅リフォームなどを行う不動産会社です。また、多くの賃貸管理ノウハウを蓄積し、企業・法人向けサービスも提供しています。

西千葉駅の近くに店舗を構えることから、千葉大学の学生に賃貸物件を提供し、学生のニーズをいち早くキャッチアップして多くの支持を得ているのが特徴です。そのため、桃太郎不動産では賃貸情報のみならず、学生生活に役立つ情報や部屋探しのコツなどを積極的に発信しています。また、コールセンターは24時間体制なので、学生はトラブル発生時も安心して頼ることができます。

さらに、桃太郎不動産が入居者募集する物件では先物物件はほとんど公開せず、オーナーから直接依頼された物件のみを優先的に集客しているのも特徴の一つです。加えて、任された物件の空室対策や質の高い維持管理で、オーナーの利益をいかに最大化することを優先しています。したがって、千葉市内において40年以上培ってきた独自のノウハウと時代の需要を把握しているので、オーナー・入居者ともに満足度の高い賃貸運営を可能にしています。

■会社概要
会社名:株式会社桃太郎不動産
代表取締役:赤峰 敏雄
設立:1980年6月
事業内容:不動産取引全般(賃貸・売買)・賃貸管理業務・住宅のリフォーム・損害保険代理店
URL:https://www.momotarou.co.jp/

不動産賃貸管理会社向けDXプラットフォーム「GMO 賃貸DX」について

GMO ReTechは「賃貸運営を楽にする」をミッションに掲げ、不動産テックのサービスブランド「GMO賃貸DX」のもと、「GMO賃貸DXオーナーアプリ」と「GMO賃貸DX入居者アプリ」「GMO賃貸DX業者さんアプリ」を提供し、不動産賃貸領域におけるDXを推進するサービスを展開しています。

GMO賃貸DXは、今後も賃貸運営に関する煩雑な業務や手仕事による業務をいかに楽にしていくかを追求したサービスを展開してまいります。

少しでも気になりましたら、お気軽にお問い合わせもしくは以下または右上から資料ダウンロード(無料)していただけますと幸いです。

■参考
・不動産賃貸管理会社向けオーナーアプリ「GMO賃貸DXオーナーアプリ」
URL:https://chintaidx.com/

・不動産賃貸管理会社向け入居者アプリ「GMO賃貸DX入居者アプリ」
URL:https://chintaidx.com/resident

・不動産賃貸管理会社向け業者向けアプリ「GMO賃貸DX業者さんアプリ」
URL:https://chintaidx.com/partner

・不動産賃貸のDXマガジン「GMO賃貸DX WEBメディア」
URL:https://chintaidx.com/media/

GMO賃貸DXのロゴ

以上


【報道関係お問い合わせ先】
●GMO TECH株式会社 広報担当 西村
TEL:03-5489-6370 FAX:03-5489-6371 
E-mail:press@gmotech.jp

●GMO ReTech株式会社 広報担当 宮崎
TEL:03-6416-5500 FAX:03-5489-6371
E-mail:sales@gmoretech.com

【本件に関するお問い合わせ先】
●GMO ReTech株式会社 営業部
TEL:03-6416-5500 FAX:03-5489-6371
E-mail:sales@gmoretech.com

【GMO TECH株式会社】(URL:https://gmotech.jp/

会社名GMO TECH株式会社 
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 鈴木 明人
事業内容■インターネット・メディア広告事業 ■上記を含むインターネット広告・メディア事業全般
資本金2億7,766万円

【GMO ReTech株式会社】(URL:https://gmoretech.com/

会社名GMO ReTech株式会社 
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 鈴木 明人
事業内容オーナー・入居者向けのアプリケーションプラットフォームや、不動産賃貸手続きにおける契約の電子化サービスなどの不動産テック事業
資本金1億円
Copyright ©2022 GMO ReTech, Inc. All Rights Reserved.

Pocket